2005年03月26日

イラン戦総括

「個人戦術」という面では日本が負け。
1つ1つのプレーの実効性という面においてレベルが違った。
ボール奪取力、ドリブル、シュート。
イランのやってたチームとしてのサッカーは糞サッカーだったけど。
でも、あの個人戦術の高さには感嘆した。

では、まず日本の個人について。
俺的には、日本の「個人戦術」は世界標準から見ると劣るけど、アジアレベルで見た場合はトップ5には入っていると思う。今回はイランに負けてたけど。

で、叩かれそうな選手について述べる。

まず、加地。

加地はあんなもんでしょ。たぶん失点シーンを含めて(2点とも絡んでるナ。。)、いろいろ叩かれまくるんだと思うけど、加地に多くを求めるのが間違っている。加地にできるのは、右サイドを懸命に走ること、右サイドを突破させないこと、精度が良かろうが悪かろうがひたすらクロスを上げること。マハダビキアが逆サイドの選手っていうこともあるけれど、加地のサイドをえぐられたシーンってあんま無かったよね。加地が走ったことによって、中盤の選手がボール持てたシーンっていっぱいあったよね。加地のクロスが結構チャンスを生んでたよね。そこを忘れちゃいけない。

次、高原。

高原の才能っていうのは、仕事を極力ゴール前に限定してあげることで活きると思う。これは、ジュビロ時代の動きを思い出して欲しい(たしか、中山がサイドに流れて、高原はゴール前で勝負、っていう場面が多かったと思う)。別に高原に限ったことではないけど、FWがディフェンスしすぎると、FWは点が取れなくなる。だから、FWの守備の仕事は、「相手の攻めを遅らせる」「パスコースを限定する」など、ある程度限られたものにしなくちゃならない。なのに、今日の高原のポジショニング、ときどきペナルティエリア近くまで下がってましたよね?あれじゃあ点が取れるわけない。あんなことやったら、ロナウドでもシェフチェンコでも点が取れなくなってしまう。高原はゲンク鈴木師匠では無いんです。ディフェンシブFWじゃないんです。

次、中田・中村。

あの2人が活きるにはどうすればよいのか。それは、あの2人が駒として使いこなす選手がいないとダメじゃないのか。そして、あの2人を生かす黒子役が無きゃダメじゃないのか。だから、今日は、彼らが生きる環境ではなかったのが原因だと思う。もちろんハードマークもあった。でも、2人のうち、どちらかがフリーになる場面が必ずある。もちろんこの試合の二人の出来は褒められたものじゃないけど、試合全体を見る限り、個人の出来、不出来の次元を越えていたと思う。

で、最後にジーコについて。

今回の敗戦はチームの完成度を露呈したということに尽きると思う。
ジーコJAPAN結成から2年半が経過したことは忘れてはならない。

どこからどの程度プレスをかけるのか共通イメージが出来ていたのか。
コースの切り方の共通イメージは出来ていたのか。
攻めの展開方法に関して共通イメージは出来ていたのか。
本当に「チーム」になっていたのか。
控え選手との連携は出来ていたのか。
選手を生かす体制になっていたのか。
選手の選出・起用・交代は論理的なモノだったのか。

言いたいことは山ほどある。

ここでは共通イメージ、という表現をしたけれども、あそこまでJリーグを初めとするクラブチームから選手を借りて練習をしてきたのであるから、ある程度の基本的なベースが形成されていて、そのベースの上でサッカーをするのが常識だと思われる。ところが、いつまでたっても、このチームの共通の基本的ベースすら見えてこない。

ジーコジャパンになってから、個人vs組織っていう対立軸が盛んに唱えられているけれども、これは全くおかしな話であって、個人の能力を活かしたサッカーをやりましょう、っていうことを考えるのであれば、「個人を活かす組織をどう作るのか」っていうことが主題にならなければならない。

現代サッカーを語る上で最も重要なキーワードは「プレス」と「オートマティズム」であると思う。
もちろん従来からある「サイド攻撃」「決定力」なども重要だが。

「プレス」とは、DFラインを押し上げることによって、FWとDFの距離を狭め、ボールホルダーと味方選手の距離を狭めることにより、集団での囲い込みや迅速な「寄せ」等を可能にする守備戦術のことである。つまり、相手からいかに効率的にボールを奪うか、ということを目的とした守備概念なのである。

その「プレス」を機能させるには、組織がしっかりして無くてはならず、かといって、「プレス」を機能させすぎると、中盤が圧縮されすぎて個人が活きなくなる。
だから、そのバランスが重要になるのである。

http://tochu.tokyo-np.co.jp/fctokyo/topics/topics_050325.html
この記事を見て欲しい。
トーチューといえば、FC東京サポーターにはお馴染みのスポーツ新聞。
巨人が大勝しようがFC東京の記事を一面に持ってくることもしばしばある。
記事に関しては、信用できるスポーツ新聞である。

この中で、加地は、「中盤が自由に動きまわるから、ズレが出る。カウンターを食らって、ボクは相手と1対1か、2対1になる。ボールへ(プレスをかけに)行けず、ただズルズルと下がるしかない。クロスを上げられ、好き放題されて、悪い結果につながった。ボールを取られたあとの修正が全然できてない」。と述べている。これは、各方面でも指摘されている事実であるわけだが、組織としてのボールの追い込み(すなわちプレス)という概念よりも、個人が自分の好きなようにプレーすることが優先されてしまっているのである。

プレスが機能しない強豪チームは、現代においては「ラインを下げることによって相手の裏にスペースを作り出した上でのカウンター」という要素を重点においているチームを除くとあまり見られないものである。日本代表が「カウンター」思考なのか「ボールポゼッション」思考なのか、それともそれ以外か、という論点には諸説があり、ここでは言及しないが、ボックス型の4−4−2というシステムを築き、中盤において小野―中田―中村という3銃士を用いた以上、このイラン戦においては少なくとも「(前略)でのカウンター」という思考ではなかったと思われる。

疲れたからそのうち書き足します。
posted by ardija at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。